東京やロンドンの商業不動産に台湾生保資金流入へ-CBRE

(ブルームバーグ):リターン向上を目指す台湾の生命保険各社がロンドンとパリ、東京の不動産購入を増やす可能性がある。米商業不動産サービスのCBREグループが指摘した。台湾の生保が不動産資産を4年間で90億ドル(約1兆1100億円)増やすとみている。

CBREのグローバル主任エコノミスト、リチャード・バークハム氏は台北での16日のインタビューで、ロンドンの商業不動産の利回りは年4-5%に達する一方、台北は約2.5%にとどまっていると述べた。「台北の一流オフィス物件の公債に対する利回り上乗せ幅は、世界の主要都市で最低クラスだ。不動産利回り改善と資産の分散化を図る台湾の生保各社は海外に向かっている」と語った。

CBREのアジア太平洋調査責任者ヘンリー・チン氏は、国境をまたいで投資する国際的な買い手が目指す上位2都市に東京とロンドンを挙げ、東京については円安と3.5-4%の利回りが魅力を高めていると話した。

国泰人寿保険は先月、ロンドンの金融街シティーにあるビル「ウォールブルック」を5億7500万ポンド(約1100億円)で買収。富邦人寿保険は「マダム・タッソーのろう人形館」などを含むロンドンの物件を取得した。

CBREは、台湾の生保が台湾および海外で持つ不動産資産が昨年の240億ドル相当から2018年には330億ドルに増えると予想。バークハム氏は、台湾の低金利と余剰預金が今後5-7年、世界の不動産に対する需要を支えると述べるとともに、台湾の中央銀行は16年半ばまで政策金利を引き上げないだろうと予想した。

関連ニュースと情報:台湾の富邦人寿保険、ロンドンでろう人形館の物件を買収へ-660億円一度起債すれば病みつきに-台湾の潤沢な投資資金をアピールップストーリー:TOP JK<GO>海外トップニュースの日本語画面:TOP JI<GO>

165 thoughts on “東京やロンドンの商業不動産に台湾生保資金流入へ-CBRE

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です